採用事例05

  • EJOICAセレクトギフト

WEBキャンペーンの“ 新しい見せ方 ”を常に探していました

江崎グリコ株式会社
洋生菓子マーケティング部  柳澤 香様

1929年(昭和4年)設立。
企業理念、“おいしさと健康”のもと、
菓子、食品の製造および販売。

WEBキャンペーンの“新しい見せ方”を常に探していました

抱えていた課題とは

- 本サービス導入前に抱えていた課題をおしえてください。

今回は弊社で行いました「ドロリッチで甘えよう!キャンペーン」に、NTTカードソリューション(以下、NTT-CS)の「EJOICAセレクトギフト スタンダードカードタイプ」を活用しました。商品に貼付されているシールをめくると当落がその場で分かるインスタントウィン方式のキャンペーンです。昨今、市場では非常に多くの商品がキャンペーンを行っておりますが、その中で、お客様にメッセージを届けるためにどうしたら良いのかを考えておりました。
キャンペーン自体を差別化すること、そして、多様化するお客さまのニーズに対応することは非常に重要であり、解決すべき課題であると思いました。

- 課題解決に向けて、いつ・どのようなアクションを起こしましたか?

キャンペーンの実施は前々から決まっておりましたが、仕組みや賞品をどうするか悩んでおりました。
代理店様に、時流に合った賞品や新しいサービスでのご提案をお願いしました。
その後、数多くの候補の中から、我々のやりたい方向性と合致したNTT-CSを選択しました。
新しい見せ方を常に探していたこともあり、お客様が好きな電子マネーをご自身で選べるという形が時流にあっていると感じ、キャンペーンに効果的だと思いました。

- 解決策として、他にどのような候補がありましたか?

QUOカードやポイント等も含め、さまざまなノベルティーを検討しました。今回のキャンペーンでは予算も限られておりましたし、いかに多くのお客様に効率的効果的に企画を届けられ、楽しんで頂けるか、という点も考えながら賞品の選択をして参りました。

NTTカードソリューション(以下、NTT-CS)を選んだ理由

- 最終的にNTT-CSのサービスを選択した理由をおしえてください

デジタルという点で時流にもマッチしていること、他社キャンペーンと差別化ができると思ったこと、さらにお客様ご自身がお好きな電子マネーの種類を選択できるということです。
電子マネーギフトはWEBとの親和性が非常に高い点も選んだ理由です。

- 導入に向けて留意したポイントをおしえてください

今回、普通の電子マネーではなく、お客様ご自身が好きな電子マネーを「選べる」ということが非常に魅力だと思いましたので、ブランドサイトでは、その辺りをしっかりと訴求するように心がけ、分かりやすく各電子マネーのブランドロゴを配置しました。
EJOICAは、お客様の選択肢の幅が広がる点がいいなと思いました。

- 導入に向けて、システム以外でおこなったことはありますか?

その場で当落結果が分かる「即時性」という点に加え、シール内に一言メッセージを印刷しており、当たっても外れても「何回でも楽しめる」というのが、企画として成功したと実感しています。

サービス稼働後感じていること

- 稼動後は順調ですか?

大きいトラブルもなく、順調でした。
また、シールをめくってその場で当落が分かるという企画性からも、お客様に楽しんでいただけたようです。

- 導入後の効果は想定通りでしたか?

想定通り、効果はあったと思います。EJOICAセレクトギフトのカードタイプでの採用の為、発送作業はあったのですが、大きなものではないので、「ライトに郵送ができる」という事が、発送作業・運用コストの削減につながり、非常に良かったです。

今後について

- 今後の改善ポイントはありますか?

多様化するユーザーのニーズにさらに応えられるよう交換先の種類を増やして頂けると良いなと思いました。
そして「EJOICA」という言葉自体の認知も上がっていくと、キャンペーン実施時の訴求強化につながると思っております。

- 導入検討している企業様へ、最後に一言お願いします。

世の中のデジタル化によって、電子マネー自体がとても身近な存在になってきましたし、今後もさらに普及していくと思っています。その中で、決め打ちの電子マネーをプレゼントするのも良いですが、お客様ご自身で選択できるEJOICAセレクトギフトは、ニーズの多様化にとてもマッチした商品です。
導入までもスムーズですし、運用コストの削減も期待できます。今後のさらなる展開に期待したいと思います。

「ドロリッチで甘えよう!キャンペーン」キャンペーンサイトイメージ(2016年8月~2017年1月実施)
当社に興味を持たれた方はこちら Page Top